この秋行きたい!ミュージカルまとめ【2020年秋編】

こんにちは。楽しいことはそばにある!recri編集部です。今回は、この秋に行きたいミュージカル情報をまとめました。素敵な音楽に酔いしれて、物語の世界へ旅してみてはいかがでしょうか?

土屋太鳳主演!ミュージカル「ローマの休日」

世界的大ヒット!オードリー・ヘップバーン主演の1953年「ローマの休日」を基にした、伝説のミュージカルが東宝によって20年ぶりの再演です。脚本は堀越真、音楽は大島ミチル、作詞はミュージカル「レ・ミゼラブル」日本初演コゼット役の斉藤由貴が担当。そして「風と共に去りぬ」「アニー」などをを手掛ける山田和也が演出を手掛けます。主演は、土屋太鳳と朝夏まなとのWキャスト。カメラマンのアーヴィング役にはオリエンタルラジオの藤森慎吾を迎えた、注目度抜群のミュージカルです。
あらすじ↓
とある国の王女がヨーロッパ歴訪の途中で立ち寄った“永遠の都・ローマ”で手にした、一日だけの自由な時間。そんな王女のプライベートをスクープしようとローマ観光をエスコートする新聞記者との交流、そして、生涯忘れえない恋とのめぐり逢い…。

2020年10月4日(日)~2020年10月28日(水)
帝国劇場
全席指定13,500円〜4500円
https://www.tohostage.com/romanholiday/index.html

黒澤明生誕110年記念作品!ミュージカル「生きる」

2018年10月にで上演され「国産ミュージカルの記念碑」と絶賛された名作ミュージカル『生きる』が、新たな進化を遂げます!作曲と編曲を手がけるのはグラミー賞受賞作曲家のジェイソン・ハウランド。演出は日本人として初めてトニー賞にノミネートされた日本を代表する演出家、宮本亞門。「和魂洋才の魅力」「ミュージカルならではの華やかな演出」と評された2018年の初演がさらにアップデート!主人公の渡辺勘治は、各紙の劇評でも非常に高い評価を受けた市村正親と鹿賀丈史が再びダブルキャストで演じます。
あらすじ↓
役所の市民課長・渡辺勘治(市村正親/鹿賀丈史)は、役所で、淡々と仕事をこなす日々であった。そんなある日、渡辺は自らが胃がんであり、残りの人生が長くないことを知る。愕然とした渡辺は、現実逃避のために大金をおろして夜の街に出る。しかし、金の使い道すらわからない。そんな時、売れない小説家に出会う。渡辺の境遇に興味を持った彼は、“人生の楽しみを教えてやろう”と宣言し、2人は盛り場を何軒も渡り歩く。しかし、渡辺の心は一向に晴れず、募るのは虚しさばかり。そんな渡辺の元へ、役所の若い女性事務員・小田切とよが訪ねてきて、自分の人生になかったものを見出すようになる。渡辺は、第二の人生を歩みだすのであった…。

2020年10月9日(金)~2020年10月28日(水)
日生劇場
全席指定13,500円〜4500円
http://www.ikiru-musical.com/index.html

城田優主演!「NINE」

イタリア映画界名匠フェデリコ・フェリーニの自伝的作品を原作に、ブロードウェイの巨匠たちにより生み出された作品!1982 年の初演はトニー賞にて計5部門で最優秀賞の座を射止めました。2009年にハリウッド俳優陣で映画化された際には、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞等にノミネート。そんな名作を、日本キャストにて上演します。演出を手掛けるのは、ロンドン演出家デビューも果たした大注目の気鋭、藤田俊太郎。主人公グイド役には、城田優。他にも実力と華を兼ね備えたキャストが大集結!キャスト兼振り付けには、ダンス界のレジェンド的存在のDAZZLEが携わっています。
あらすじ↓
創作スランプに陥った映画監督のグイドは、新作の撮影が迫っているにも関わらず、構想が浮かばず苦悩していた。
そんな中、結婚生活に不満を募らせた妻・ルイザに離婚を切り出されてしまう。グイドは妻との関係修復とスランプ打開の為、ルイザを連れてベネチアへ逃亡。女性たちに翻弄され現実から幻想の世界へと迷い込んだグイドは、少年時代に戻り母の元へ。さらには自身の性を目覚めさせた娼婦・サラギーナとの出会いへと思いを馳せ、失った愛を追い求める。迷走するグイドは、成功の鍵となる自身のミューズ、女優・クラウディアに新作映画への出演をオファーするが・・・

2020年11月12日(木)~2020年11月29日(日 )
TBS赤坂ACTシアター
全席指定13,500円・9,500円
https://www.umegei.com/nine2020/

長澤まさみ・阿部サダヲ出演!「フリムンシスターズ」

Bunkamuraシアターコクーンの芸術監督、松尾スズキによる就任後初の新作舞台。2017年のミュージカル『キャバレー』以来の松尾作品への参加となる長澤まさみが主演を演じ、秋山菜津子・阿部サダヲに加え、大人計画のメンバーも登場。ミュージカル界で活躍する実力派たちと共に歌とダンスで最高のエンターテイメント作品となっています。
あらすじ↓
“フリムン”とは、沖縄の方言で“気がふれる”とか“狂ったような”とか“バカ”を意味する言葉。故郷・沖縄での過去を捨て、東京は西新宿のコンビニで住み込みのバイトをしながら無気力に暮らす女<ちひろ>。実は沖縄のユタの血筋で不可思議な能力を持つ彼女が、昔から憧れていたかつての大女優<みつ子>と出会ったことから、その親友でゲイの自称「2億円のオカマ」<ヒデヨシ>も巻き込んで、コンビニにかかわる人々や新宿二丁目界隈の人々をも巻き込んで、物語を展開させていくことに…。

2020年10月24日(土)~2020年11月23日(月)
Bunkamuraシアターコクーン
全席指定12,000円〜5,500円
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/20_furimun/

あのドラマが舞台化!「アルジャーノンに花束を」

原作は、作家ダニエル・キイスが1959年に発表した同名小説。日本でも発行部数300 万部を超える名作であり、小説を元に、アメリカ・カナダ・フランスで映画化され、日本でもテレビドラマ化された本作。ミュージカルとしては、2006年に日本初演を果たし、2014年の再演時にも大きな話題となり、人々の心に深く刻まれた傑作となりました。中学・高校の先生の投票で、「今一番生徒に読ませたい本」を選ぶ文学賞「君に贈る本(キミ本)大賞」も受賞。そして今年、2017年春、矢田悠祐を主演に迎えた新生「アルジャーノンに花束を」の再演が決まりました。
あらすじ↓
32歳になっても幼児並みの知能しかないパン屋の店員チャーリィ・ゴードン。 そんな彼に、夢のような話が舞い込んでくる。
大学の偉い先生が頭を良くしてくれるというのだ。この申し出に飛びついたチャーリィは、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に連日検査を受けることに。やがて、手術により、チャーリィは天才に変貌したが…。

2020年10月15日(木)~2020年11月1日(日 )
博品館劇場
全席指定10,000円
http://www.theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2020_10_15.html

以上、2020年秋に行きたい!オススメのミュージカル特集でした!豪華俳優陣が出演するミュージカルが盛りだくさん。各劇場では徹底した新型コロナウイルス感染症対策もされているので、安心して観劇ください。