この秋行くべき!展示・アートまとめ【2020年秋編】

こんにちは。楽しいことはそばにある!recri編集部です。今回は、この秋に行きたい展示・アートの情報をまとめました。素敵な空間でアートに触れて、日常や仕事のアイデアや感性を研ぎ澄ませてみてください。

日本現代アートの最高峰!森美術館「STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ」

六本木ヒルズの森美術館が、コロナ禍を経て、満を侍して開催する本展!日本という枠を越えて広く国際的に活躍し、今日、多様な地域や世代から高い評価を得る、草間彌生・李禹煥・宮島達男・村上隆・奈良美智・杉本博司の現代アーティスト6名が集結。活動の軌跡を初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介しています。彼らの実践は世界からいかに評価されてきたのか。国境や文化を越えた普遍的な課題の追求、伝統や美学、テクノロジーやサブカルチャーなど、日本固有の社会的、文化的、経済的背景をふまえて探っています。驚きのアート作品や、時間を忘れて没入してしまう空間演出が満載。時間をたっぷりとって、ぜひ訪れてみてください。

2020年7月31日(金) ~ 2021年1月3日(日)
森美術館
一般2,000円・学生1,300円〜
https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/stars/index.html

アニメ好き集まれ!「MANGA都市TOKYO」

2018年にフランス・パリで開催され、3万人超が訪れた「MANGA⇔TOKYO」の凱旋企画。マンガ・アニメ・ゲーム・特撮の4分野について、時代時代での流行、人々の営みなどを、セレクトされた90タイトル以上から原画や制作資料、歴史資料や巨大な東京の都市模型によって紹介している。1/1000の巨大な東京都市模型に始まり、「AKIRA」「ヱヴァンゲリヲン」「ゴジラ」「シン・ゴジラ」「グランツーリスモ 6」「電車でGO!FINAL」「ガンスリンガー ストラトス」「機動警察パトレイバー2 the Movie」「るろうに剣心」「サクラ大戦」「あしたのジョー」「君の名は。」「ラブライブ」などが大集結!アニメや漫画好きは見逃せない展示となっています。

2020年8月12日(水) ~ 2020年11月3日(火・祝)
国立新美術館
一般1,600円・学生1,200円〜
https://manga-toshi-tokyo.jp/

エッチな水族館誕生!?「夜のサンシャイン水族館 もっと性いっぱい展」

池袋サンシャイン水族館で夜にのみ開催される、普段なかなか見ることのできない海の生き物たちの“性”にフォーカスした特別イベント!視覚・聴覚・触覚など色々な角度から生き物の“性”の魅力に迫ります。今夏にオープンの”海月空感”はピンク色に染まり、幻想的な空間を演出。生き物の性に関する解説パネル・生殖器の解説と硬さが体感できる「ツンツンの壁」・性をアピールする匂いを嗅ぐことができる「クンクンの壁」などクセが強いコンテンツが満載!性いっぱいドリンクやオリジナルコンドームまで販売しているので、ぜひオトナな皆様でお誘い合わせの上、行ってみてくださいね?

2020年9月12日(土) ~ 2020年11月5日(木)
サンシャイン水族館
一般2,400円・こども1,200円〜
https://sunshinecity.jp/file/aquarium/sexy/

海外旅行に行けない今こそ!「博物館でアジアの旅!アジアのレジェンド」

上野の東京国立博物館で、毎年開催されている”博物館でアジアの旅”。今回のテーマは「レジェンド」。「レジェンドを表わしたもの」「レジェンドが作ったもの」「レジェンドが集めたもの」という3つの視点から、レジェンドが作ったアジア各地の作品を120点に渡り、選りすぐってご紹介しています。海外旅行に行けない今だからこそ、アジアの作品の空気に触れて、旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか?

2020年9月8日(火) ~ 2020年10月11日(日)
東京国立博物館
一般1,000円・大学生500円
https://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=5&id=10576

以上、この秋オススメの展示会情報でした!先端的な展示から、ちょっと笑える展示まで、インスタ栄えも間違いなしの展示が目白押しです。ぜひ恋人や友人、ご家族を誘って行ってみてください。事前予約制の場合もあるので、事前にHPをチェックすることをお忘れなく!