伝統芸能

観世九皐会4月定例会

国の登録有形文化財でもある神楽坂の「矢来能楽堂」の定例公演。2部入替制。第1部は「平家物語」「木曽の最期」を題材に、木曽義仲の忠臣今井四郎金平の能「兼平」。第2部は娶りの狂言「二九十八」と、小野小町が若い姿で登場する唯一の能「草子洗小町」では和歌の名手が歌合に集う。1部2部通し割引、学生券あり(未就学児童入場不可)。最新情報は矢来能楽堂HPを確認のこと。

詳細・予約

日時

2021年4月11日(日)

料金

全席指定 正面席5,500円 脇・中正面席4,400円(1部2部通し券は7,800円) 学生券2,200円(要学生証・26歳未満・未就学児童不可)

電話番号

03-3268-7311

矢来能楽堂

詳細・予約