映画

1980年代日本映画――試行と新生

日本映画において1980年代とは、70年代に始まる大作化の流れが一層顕著になる一方、若年観客向けのアイドル映画やアニメーションがヒットし、新たな企業やプロダクションが映画作りに参加、新しい才能が続々とデビューを飾った時代である。映画界のこうした構造変化は、現在にまで影響を及ぼす重大なものだったと言える。今企画は、計44作品(42プログラム)を上映し、1980年代の日本映画を回顧する試みである。

詳細・予約

日時

2021年2月16日(火)~5月5日(水)

料金

一般:520円、高校・大学生・65歳以上:310円、小・中学生:100円、障害者・国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズ:無料 ※会場でのチケット販売無し

電話番号

050-5541-8600

国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU(2階)

詳細・予約